Youtube ご紹介記念!

↓↓↓特別イベントも開始!↓↓↓

シェフリアのフライパン コーティング「テフロンコーティング編」

  • シェフリアの簡単紹介
  • テフロンコーティングとは
  • テフロンを使うフッ素樹脂コーティング
  • フッ素&テフロンは本当に危険なのか
  • シェフリアのフッ素&テフロンは本当に危険じゃないこと

こんにちは皆さん、

コラムには初めての登場ですね。

みんながシェフになれる、フライパンを作るシェフリアです。

フライパンやお鍋の製造企業を韓国で30年経営しております。

その、ノウハウを活かし日本へシェフリアを2019年設立しました。

では、今日はシェフリアのフライパン コーティングについてご紹介したいと思います!

シェフリアは使用方法に応じて、フライパンやお鍋に、様々なフライパン コーティングをします。

では、様々なフライパン コーティングってなに?と思う方もいるでしょう。

それでは、さっそく説明に入りましょう!

フライパン コーティングは多く五つの種類が御座います。

今回は皆ざんに多く知られている。

テフロンコーティングとは

「テフロンコーティング」について話しましょう。

フライパン コーティングを内面にして、食材がくっつきにくく、汚れがすぐ落とせるのでお手入れが簡単になると、よく知られているコーティングで御座います。

その通り、テフロンと言うと、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の商標であり、非常に滑りやすく、食材がくっつきにくい特徴があります。

耐久性があり、洗浄が簡単なコーティングです。後、テフロンコーティングはフッ素樹加工の1つであり、

そのほかにもハードコーティング、ダイヤモンドコーティング、マーブルコーティングなどもフッ素樹加工を使います。

 

テフロンを使うフッ素樹脂コーティング

シェフリアのスタンダードなタイプのフッ素コートフライパン コーティングです。

フッ素樹脂をコーティングするためにベースのプライマーの使用が必要となり2層構造になっています。

 

悲しいことですが、いくら高いフライパン コーティングでも永久的なものではないです。

使用しているうちに少しずつ剥がれていきます。それで、長続きを求めるときには、少し定例なお手使いが必要です。

火加減を注意し、火力を上げすぎない(弱火~中火で使用する)ことや金属よりも木製やシリコンのヘラを使用すると、

フライパンの表面に傷を予防し、コーティングが長続きできます。

  

1.ストロングコーティング

シェフリアのフライパン コーティングの1種類です。

フッ素フライパン コーティングで、ストロングコーティングをするためには、

ベースプライマの上に、ミドルコーティングと耐久性の強いストロングコーティングを使用した

3層構造になっています。3層になるため、スタンダードフッ素フライパン コーティングよりもさらに、

耐久性が高く、食材もくっつきにくくなります。

 

2.マーブルコーティング

シェフリアのフライパン コーティングの1種類です。

フッ素コーティングで、ベースプライマーの上にミットコーティングをし、

さらにその上にマーブルコーティングと最後のトップコートの構成になっております。

マーブルコーティングをすることによって、耐久性が高くなり、見た目も高級感があって、

特にお土産とかで人気なフライパンです。

 

3。ダイヤモンコーティング

シェフリアのフライパン コーティングの1種類です。

フッ素コーティングで、ダイアモンドの粉末がコーティングに混ぜており、

ダイヤモンド粒子がコーティングされます。これにより、耐摩耗性と耐久性が向上し、

傷がつきにくくなります。また、高温にも強く、食材がくっつきにくい特徴があります。

 

フッ素&テフロンは本当に危険なのか 

よりによって、テフロン加工は危険だって言う声が最近多くなりました。 

フッ素やテフロンなどを検索すると

危険、有害、有毒ガスなど、悪いと言うキーワードが出てきます。

シェフリアのシェフ・リアちゃんから、それは本当の事実なのかとちょっと聞いてみましょう。

 

 

「はい!リアです^^」

「説明をお願いするね!」

 

「それは基本的には「安全」だと言う結論だよ。」

「なぜなら、まず1つ目「有毒ガス」

多くの人がフライパン コーテイングを使ってるから、

ガスを心配されている方が多いと思うけど。」

「でも一般的なフッ素樹脂を使用したフライパンを作るときに、約260度以上330度位の温度でフライパンを焼くんじゃん。すると、体に悪い油毒ガスを発生するためには約350~400度以上高温が必要だけど、普段の扱いにこんな高く調理する人なんかないんじゃない?」

「でも、空焚きとかすると、すぐ熱くなるよ?」

「それは、「空焚きはしない」でください。とうちの取扱書にも書いてあるから、それは気をつけた方がいいね。」

 

「それで、二つ目 「PFOA使用の問題」

これは、もう長く言わずにpfoa使用しておりませんと証明書あるから

これを見てください~~~

では、リアちゃんは 忙しくってバイバイ👋」」

 

シェフリアのフッ素&テフロンは本当に危険じゃないこと

こちらが、

その、PFOA FREE の公式機関からの認定書で御座います。

シェフリアはフライパン コーティングを製造企業でもあるので、毎年

安全性の認定や資格を検査しております。

現在フッ素加工の原材料にはPFOAは使用されてないので安心してお使い頂けます。

フライパンの選びには、洗濯する際に、料理のスタイル、予算、お手入れのしやすさなどを参考にすることが重要です。

まだ、フライパン コーティングの種類だけではなく、フライパンの素材や深みも性能に影響与えるので、使用する個人のお好みやニーズに合わせて行こうと良いのでしょう。

シェフリアには、そういういろんな種類やサイズのフライパンがたくさんあるので、お客様のお選びに役に立てていければと思います。

Youtube ご紹介記念!

↓↓↓特別イベントも開始!↓↓↓

Featured product

【Youtubeにご紹介】味しみ鍋 真空減圧鍋 ih ガス 真空煮込み鍋 減圧鍋 2.5L 専用レシピ付き