Youtube ご紹介記念!

↓↓↓特別イベントも開始!↓↓↓

さっぱりおいしい!冷しゃぶ 作り方とおすすめソース

目次

  • 基本の冷しゃぶ 作り方
  • さっぱりと美味しい!おすすめソース
  • 冷しゃぶを引き立てる副菜とアレンジレシピ
  • 楽しむためのコツとQ&A
  • まとめ

 

暑い季節になると、さっぱりとした食事が恋しくなりますね。そんな時にぴったりなのが、冷しゃぶです。作り方は、茹でた豚肉を冷やして食べるシンプルな料理ですが、適度な脂肪と旨味が口に広がり、暑さで疲れた体にやさしく染み渡ります。さらに、工夫次第でバリエーション豊かに楽しめるのも魅力の一つです。今回は、冷しゃぶ 作り方から、味を引き立てるおすすめのソース、そして副菜やアレンジレシピまで、詳しくご紹介します。初めての方でも簡単に作れるようにポイントを押さえて解説しますので、この夏はぜひ家庭の定番メニューに加えてみてください。さっぱりおいしい冷しゃぶで、家族みんなで涼しいひとときを楽しみましょう。

 





 

基本の冷しゃぶ 作り方

~必要な材料と準備~
【材料】
豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用):300g
大根:1/2本(おろし用)
レタスやきゅうりなどの生野菜:適量
ポン酢やごまだれなど、お好みのソース

まず、豚肉は冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておきます。これにより、茹でる際に均一に火が通りやすくなります。生野菜はしっかりと洗い、水気を切っておきましょう。大根はおろしておきます。

~豚肉の茹で方のポイント~
大きめの鍋にたっぷりの水を入れ、火にかけて沸騰させます。沸騰したら火を弱め、80度程度に温度を保ちます。ここがポイントで、沸騰したままでは豚肉が硬くなりやすいので、沸騰直前の温度で茹でるのがコツです。豚肉を一枚ずつ鍋に入れ、色が変わってしっかりと火が通ったら、すぐに取り出します。

~冷やす方法と盛り付けの工夫~

茹で上がった豚肉はすぐに冷水に入れて冷やします。これにより、余分な熱が取れて豚肉が締まり、食感が良くなります。冷水から取り出し、水気をしっかりと切ります。大皿に生野菜を敷き、その上に盛り付けます。大根おろしを添え、お好みのソースをかけていただきます。見た目を美しくするために、野菜の色合いや盛り付けのバランスを工夫すると良いでしょう。

作り方はシンプルですが、ちょっとした工夫で一層美味しくなります。この基本の冷しゃぶ 作り方をマスターして、暑い季節をさっぱりとした料理で乗り切りましょう。

 

さっぱりと美味しい!おすすめソース

 

<ごまだれ>
冷しゃぶと言えば、ごまだれは欠かせないソースの一つです。以下の材料を使って、簡単に作れます。

[材料]
白ごま:大さじ3
醤油:大さじ2
砂糖:大さじ1
酢:大さじ1
みりん:大さじ1
だし汁:大さじ3

[作り方]
白ごまをフライパンで軽く煎り、すり鉢ですりつぶします。
醤油、砂糖、酢、みりん、だし汁を加え、よく混ぜ合わせます。
味を見て、お好みで調整してください。


<ポン酢を使った簡単ソース>
さっぱりとしたポン酢ソースは、ぴったり夏にぴったりです。

[材料]
ポン酢:大さじ3
醤油:大さじ1
砂糖:小さじ1
おろししょうが:少々

[作り方]
全ての材料をボウルに入れ、よく混ぜます。
かける前に、一度味を見て調整します。


<レモンと大葉の爽やかソース>
爽やかな香りが特徴のレモンと大葉を使ったソースは、特に夏におすすめです。

[材料]
レモン汁:大さじ2
醤油:大さじ1
みりん:大さじ1
大葉:5枚(みじん切り)
おろしにんにく:少々

[作り方]
レモン汁、醤油、みりんをボウルに入れて混ぜます。
大葉とおろしにんにくを加え、さらに混ぜます。
爽やかな味を楽しんでください。


<ねぎ塩だれのレシピ>
ねぎ塩だれは、シンプルながらも風味豊かなソースです。

[材料]
長ねぎ:1本(みじん切り)
ごま油:大さじ2
塩:小さじ1
鶏ガラスープの素:小さじ1/2
レモン汁:大さじ1

[作り方]
みじん切りにした長ねぎをボウルに入れます。
ごま油、塩、鶏ガラスープの素、レモン汁を加え、よく混ぜ合わせます。
さっぱりとした味を楽しんでください。
これらのソースは、さらに美味しさを引き立てます。自分の好みに合ったソースを見つけて、楽しんでください。

冷しゃぶを引き立てる副菜とアレンジレシピ

 

~季節の野菜の冷しゃぶサラダ~
冷しゃぶと一緒に季節の野菜をたっぷり使ったサラダは、見た目も鮮やかで食欲をそそります。

[材料]
豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用):200g
レタス:1/2玉
トマト:1個
きゅうり:1本
大根:1/4本
赤パプリカ:1/2個
青じそ:5枚
お好みのドレッシング

[作り方]
豚肉は基本の作り方に従って茹で、冷水で冷やしておきます。
レタスは一口大にちぎり、トマトはくし形切り、きゅうりと大根は薄切りにし、赤パプリカは細切りにします。
大皿に野菜を盛りつけ、その上にのせます。
お好みのドレッシングをかけて、青じそを飾って完成です。


~相性抜群の副菜3選~
ぴったりの副菜を3つご紹介します。

1. おひたし
[材料]
ほうれん草:1束
かつお節:適量
醤油:少々
[作り方]
ほうれん草をさっと茹でて冷水で冷やし、水気を絞って食べやすい大きさに切ります。
醤油をかけてかつお節をのせて完成です。

2. 冷ややっこ
[材料]
絹ごし豆腐:1丁
ねぎ:適量(みじん切り)
醤油:少々
[作り方]
豆腐を適当な大きさに切り、皿に盛ります。
ねぎを散らし、醤油をかけて完成です。

3. もずく酢
[材料]
もずく:1パック
酢:大さじ2
醤油:大さじ1
砂糖:小さじ1
[作り方]
酢、醤油、砂糖を混ぜ合わせ、もずくを加えて和えます。
器に盛って完成です。


~ヘルシーでボリューム満点!冷しゃぶ丼~
ボリューム満点の冷しゃぶ丼は、食べ応えがありながらもヘルシーです。

[材料]
豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用):200g
ご飯:2杯分
大根:1/4本(おろし用)
青じそ:5枚
ごまだれまたはポン酢:適量
白ごま:少々
[作り方]
豚肉は基本の作り方に従って茹で、冷水で冷やしておきます。
大根をおろし、水気を軽く絞ります。青じそは千切りにします。
丼にご飯を盛り、その上に冷しゃぶ、大根おろし、青じそをのせます。
ごまだれまたはポン酢をかけ、白ごまを振って完成です。


これらの副菜やアレンジレシピを取り入れて、冷しゃぶをより一層楽しんでください。家族みんなでヘルシーかつ美味しい食事を楽しむことができます。

 

冷しゃぶを楽しむためのコツとQ&A

 

~美味しく仕上げるためのポイント~
美味しく仕上げるためのポイントを紹介します。

1.豚肉の茹で方:豚肉は沸騰したお湯ではなく、80度程度の温度で茹でると柔らかく仕上がります。茹でる際には豚肉同士がくっつかないように注意し、火の通り具合を確認しながら茹でましょう。
2.冷やし方:茹で上がった豚肉はすぐに冷水に入れて冷やします。冷やすことで肉が締まり、旨みが閉じ込められます。
3.切り方:食べやすい大きさに切ることで食べやすくなります。また、盛り付けの際には豚肉がきれいに見えるように工夫しましょう。

~よくある質問とその答え~

Q: 豚肉の代わりに他の肉を使ってもいいですか?
A: はい、もちろんです。鶏肉や牛肉を使っても美味しく楽しめます。ただし、肉の種類によって茹でる時間や温度が異なるので注意しましょう。

Q: ソースはどんなものが合うのですか?
A: 伝統的なごまだれやポン酢だけでなく、さまざまなソースが合います。レモンやわさび、ねぎ塩だれなど、お好みのものを試してみてください。

Q: 冷しゃぶの残り物をリメイクするにはどうすればいいですか?
A: 残りを使って冷しゃぶ丼や春巻き、サラダなど、さまざまなアレンジレシピがあります。冷しゃぶの肉を使って炒め物や煮物にするのもおすすめです。

~残り物を使ったリメイクレシピアイデア~
残り物を使ったリメイクレシピのアイデアを紹介します。

・冷しゃぶ丼:ご飯の上に冷しゃぶの残り物を盛り、お好みのソースをかけて食べます。
・冷しゃぶ春巻き:肉を春巻きの具にして、野菜と一緒に巻きます。ポン酢で食べるとさっぱりとして美味しいです。
・冷しゃぶサラダ:野菜と一緒にサラダにして、お好みのドレッシングで和えます。

これらのアイデアを参考にして、残り物を美味しくリメイクしてみてください。

 

まとめ

冷しゃぶは、夏にぴったりのさっぱりとした料理です。基本の作り方をマスターし、お好みのソースを選んでアレンジすれば、さらに美味しさが引き立ちます。ごまだれやポン酢、レモンと大葉の爽やかソースなど、さまざまな味を楽しめます。野菜と一緒に盛り付ければ、見た目にも涼やかな食卓が完成します。冷しゃぶは簡単に作れる上に、栄養バランスも良く、ヘルシーな夏の食事として最適です。このコラムで紹介したレシピやコツを参考にして、家族や友人と楽しいひとときを過ごしてください。さっぱりとした味わいと、豊かな食卓が、暑い夏の日に心地よいひとときにいかがですか。

Youtube ご紹介記念!

↓↓↓特別イベントも開始!↓↓↓

Featured product

【Youtubeにご紹介】味しみ鍋 真空減圧鍋 ih ガス 真空煮込み鍋 減圧鍋 2.5L 専用レシピ付き