Youtube ご紹介記念!

↓↓↓特別イベントも開始!↓↓↓

フライパンで簡単に作る完璧なゆで卵

目次

完璧なゆで卵を作るための基本準備
  • フライパンでゆで卵を作る手順
  • 理想的な茹で時間とその調整方法
  • 失敗しないためのコツとトラブルシューティング
    まとめ

 

こんにちは!朝食やお弁当、サラダのトッピングなど、さまざまなシーンで大活躍するゆで卵。手軽に作れて栄養満点ですが、実はその作り方にちょっとしたコツがあります。今回はフライパンを使って、誰でも簡単に完璧なゆで卵を作る方法をご紹介します。忙しい朝やちょっとした隙間時間にサッと作れるので、ぜひ試してみてください。このコラムでは、基本的な準備から具体的な調理手順、理想的な茹で時間の調整方法、さらに失敗しないためのコツまで詳しく解説します。それでは、さっそくフライパンで作る完璧なゆで卵の作り方を見ていきましょう!

 

完璧なゆで卵を作るための基本準備

必要な道具と材料
完璧なゆで卵をフライパンで作るためには、以下の道具と材料が必要です。まず、底が平らで直径が広めのフライパンを用意しましょう。深さはそれほど必要ありませんが、卵が半分程度浸かるくらいの水を入れることができる深さが理想です。また、フライパンには蓋が必要です。茹で時間を計るためのタイマーも忘れずに用意しましょう。最後に、卵を用意します。

卵の選び方と保存方法
完璧なゆで卵を作るためには、卵の選び方も重要です。新鮮な卵を選ぶことが大切ですが、あまりにも新鮮すぎると殻が剥きにくくなることがあります。購入後数日経った卵を使うと良いでしょう。卵の新鮮さを確認する方法として、水に卵を入れて沈むかどうかをチェックすることも出来ますよ。新鮮な卵は水に沈み、古くなると浮きます。

卵の保存方法については、冷蔵庫で保存するのが基本です。卵は尖った方を下にして保存すると黄身が中央に位置しやすくなります。また、使用する前に室温に戻しておくと均一に火が通りやすくなります。冷たいままの卵を茹でると急激な温度変化で殻が割れやすくなるためです。

これらの基本準備を整えることで、フライパンを使った完璧なゆで卵作りの第一歩を踏み出すことができます。次に、具体的な調理手順について見ていきましょう。

 

フライパンでゆで卵を作る手順

卵の洗浄と準備
まず、卵を洗浄しましょう。卵の表面には細菌が付着していることがあるため、流水で軽く洗い流します。特に、殻のひび割れがないかを確認し、割れた卵は避けるようにします。次に、卵を常温に戻すために冷蔵庫から取り出し、室温でしばらく置きます。冷たい卵をそのまま加熱すると、温度差で殻が割れやすくなるためです。

フライパンを使った調理の詳細な手順

1.水を準備する
フライパンに卵が半分程度浸かる量の水を入れます。通常、卵2個なら約1カップ(200ml)の水が目安です。

2.卵を入れる
フライパンに卵を静かに並べます。卵同士がぶつからないように注意してください。

3.加熱開始
フライパンを中火にかけ、蓋をします。水が沸騰し始めるまで待ちます。沸騰後、火を弱火にしてタイマーをセットします。

4.茹で時間の設定
お好みの茹で加減に合わせてタイマーを設定します。半熟卵なら6〜7分、固茹で卵なら10〜12分が目安です。

5.火を止める
設定した時間が経過したら、火を止めてフライパンをコンロから下ろします。

6.冷水に浸す
卵を素早くスロット付きのスプーンで取り出し、冷水に入れて冷やします。これにより、殻が剥きやすくなり、加熱も止まります。冷水に約5分ほど浸して冷やし、完全に冷めたら取り出します。

7.殻を剥く
冷えた卵の殻を優しく剥きます。卵を軽く転がして殻にひびを入れ、水の中で剥くと剥きやすいです。

これで、フライパンを使った完璧なゆで卵が完成です。簡単な手順でおいしいゆで卵を作ることができるので、ぜひお試しください。

 

理想的な茹で時間とその調整方法

半熟から固茹でまでの茹で時間の目安
ゆで卵の茹で加減は、好みや用途によって異なります。以下は一般的な目安ですが、実際の加熱時間はフライパンのサイズや火力、卵の大きさによって微調整が必要です。

半熟卵(ランニー):沸騰後6〜7分。黄身がややトロッとしていて、白身はほんのり固まっています。

やわらかめの固茹で卵:沸騰後8〜9分。黄身は少し固まっていますが、まだ柔らかい食感です。

中固めの固茹で卵:沸騰後10〜11分。黄身がしっかりと固まっていますが、乾燥していない食感です。

固茹で卵:沸騰後12分以上。完全に黄身と白身が固まり、しっかりとした食感です。

これらの茹で時間は、始めに沸騰させた水の量や加熱時間、卵の冷蔵状態によって微妙に異なります。特に半熟卵は時間が非常に重要です。少しでも時間が長ければ、黄身が固まってしまいますので、正確なタイミングで火を止めることが大切です。

火加減と時間の調整ポイント
卵を茹でる際には、火加減と茹で時間の調整がカギとなります。

火加減の調整:沸騰したら弱火にして、水面が静かな状態を保ちます。激しい沸騰だと卵が割れやすく、火の通り方が不均一になることがあります。

茹で時間の調整:タイマーを使って正確に時間を計ります。加熱中に卵をかき混ぜることは避け、茹で始めから計測します。

茹で時間は、卵の大きさや始めの水温によって微調整が必要です。

 

 

失敗しないためのコツと
      トラブルシューティング

殻が割れないための工夫
ゆで卵を作る際に、殻が割れると茹で上がった卵の形や食感に影響を与えます。殻が割れないための工夫としては、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

室温に戻す: 冷蔵庫から出した直後の卵を使うと、急激な温度変化で殻が割れやすくなります。室温に戻すことで、卵の温度差を緩和し、均一に加熱できます。

穴を開ける: 卵の底にピンで穴を開けると、内部の空気が外に出やすくなります。これにより、殻が割れにくくなります。

加熱のステップをゆっくりと: 卵をフライパンに入れた後、中火で加熱し、沸騰したら弱火にします。急激な温度変化が殻を割る原因になるため、ゆっくりと加熱することが大切です。

煮過ぎや煮足りない場合の対処法
ゆで卵を煮過ぎたり、煮足りなかったりすると、食感や味に影響が出ます。その場合の対処法は以下の通りです。

煮過ぎた場合:

早めに冷やす: 茹で時間が長すぎた場合は、早めに冷水に入れて冷やします。これにより、殻が剥きやすくなります。
再加熱を避ける: 再度加熱すると卵が固くなるため、できるだけ一度で加熱を終えるようにします。
煮足りなかった場合:

再加熱する: 卵を再度フライパンに入れ、適切な時間加熱します。再加熱の際は、中火でゆっくりと加熱し、沸騰したら弱火にします。
冷水に浸す: 冷水に浸すことで、茹で時間を止め、加熱を止めます。その後、お湯を捨て、再び温めることができます。
これらのコツとトラブルシューティングを覚えておくことで、失敗せずに美味しいゆで卵を作ることができます。

まとめ

このコラムでは、フライパンを使って簡単に作る完璧なゆで卵の方法を詳しく紹介しました。卵の洗浄から始め、適切な茹で加減と火加減の調整、さらには殻の割れ方や煮過ぎ、煮足りない場合の対処法までを解説しました。正確なタイミングで火を止め、冷水に浸すことで、美味しくて滑らかな食感のゆで卵を楽しむことができます。これらの手順とコツを押さえれば、忙しい朝や料理初心者でも簡単に作れるため、ぜひ日常の食卓に取り入れてみてください。

 

Youtube ご紹介記念!

↓↓↓特別イベントも開始!↓↓↓

Featured product

【Youtubeにご紹介】味しみ鍋 真空減圧鍋 ih ガス 真空煮込み鍋 減圧鍋 2.5L 専用レシピ付き